婚姻届け

 

「なんかあっけなかったね」

 

そーちゃんと二人

 

昭和の香り漂う白と緑が基調の

 

区役所からの帰り道

 

私の口からはこんな言葉が零れていた。

 

 

「そうだな」

 

 

 

 

言葉通りに全てがあっけなかった。

 

 

 

あんなに何年もあの人たちからの仕打ちに耐えて

 

 

一念発起し東京まで家出して

 

 

あの人たちと縁を切るために色んな人を巻き込んで

 

 

悩んで、苦しくて、悔しくて、悲しくて、やる瀬なくて。

 

 

 

そんな私の感情なんてどうでもいいように

 

あの人たちに書類を送った、

 

たった3日後、

 

速達で陽太さんの事務所に

 

全ての書類を揃えて送り返して来た。

 

 

 

 

予想はしていたけど

 

海外に行ったことも

 

行く予定もなかった私の

 

写真付き身分証明書が

 

有効期限が5月16日から始まる

 

パスポートだったのを見た瞬間

 

乾いた笑みが沸いてきた。

 

ジョーさんからの資料で

 

随分前から和田と繋がっていて

 

夏休み中に私を東南アジアで

 

人知れず殺害しようと

 

計画をしていたのは知っていたけど。

 

 

 

実際にパスポートを見るとなんだか

 

ジョーさんからの資料を見た時よりも

 

私を殺害する計画を本気で企てていたんだと

 

一気に現実味を帯びた。

 

 

 

 

 

 

そして、あの返事が来たあの日から

 

3日後の12月17日

 

特になんの変哲もない平日の今日

 

浩介さんの仕事が休みで

 

須賀家にお手伝いに行かない日という理由で

 

私とそーちゃんは婚姻届を区役所に提出したわけだけど

 

あの書類を郵送した日からここまで

 

随分とあっけなかったのだ。

 

 

 

 

 

一昨日は陽太さんとそーちゃんと警察にネグレクト、

 

所謂育児放棄の相談記録を残して

 

あの人たちに住民票を見れないようにしたり

 

バタバタしたんだけど。

 

 

 

 

それでも終わってしまえば、やっぱりあっけない。
その裏で、みんなが骨を折ってくれた事は

 

とても良く分かってるし

 

感謝しかないけれど。

 

 

 

「それでも、今日から本城樹里になったんだよね」

 

 

「あぁ」

 

 

「なんだか嬉しいな」

 

 

「そうか」

 

 

「うん。白石樹里の樹里はいやだけど、本城樹里の樹里は嬉しい」

 

 

 

言葉を話す度に口から出てくる息は真っ白で

 

そーちゃんと出会ってから

 

季節が二回も変わったんだと

 

時の流れを感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

「そーちゃん、ありがとう」

 

 

「あぁ」

 

 

 

 

 

ふ、と空を見上げれば

 

出会った頃の低くて真っ青な空じゃなくて

 

白くて高い空が頭上に広がっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私が20歳になるまでの、2年7ヶ月間宜しくお願いします。」

 

 

「まぁ今更だけど、よろしくな。」

 

 

 

 

 

 

そーちゃんは、少しだけ満足そうに穏やかな笑みを浮かべた。

 

「お前さ、頑張ったな。」

 

 

 

 

 

グシャリと撫でられた頭から

 

そーちゃんの温かい体温が伝わって

 

私の顔を覗き込むそーちゃんが

 

ぐにゃりと滲んでくる。

 

 

 

 

 

 

 

「……そー…ちゃん」

 

 

 

 

 

 

歯を食いしばり、目頭に力を込める。

 

 

 

 

 

 

 

グラグラと足場が悪く

 

ギリギリの場所に立っているようで

 

一瞬でも気を抜いたら、

 

今まで必死に踏みとどまっていた場所から

 

一気に落ちてしまいそうな感覚に襲われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立ち止まってしまった私の横を繁華街のここはたくさんの人が通り過ぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俯いたままの私の手をやんわりと握られ、

 

そーちゃんがどこかへ優しく導いてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

顔を上げることが出来ない私には

 

足元と濃いグレーのアスファルトしか

 

視界には映らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

そーちゃんが立ち止まると

 

私も同じように立ち止まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

大通りから小道に入った路地裏。
樹里」

 

 

 

 

 

かがんだそーちゃんは私に視線を合わせ

 

目をスッと細めた。

 

 

 

 

 

 

「お前、頑張ったよ」

 

 

 

 

 

 

 

さっきと同じ言葉を言われて

 

もう踏みとどまるのは限界で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボロボロと涙が零れ落ちる。

 

 

 

 

 

 

 

「……うぅ……うっ…ふぅ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっとずっと心が壊れそうだった。

 

 

 

 

 

 

 

それでも壊れないように

 

 

負けないように

 

 

弱音なんて吐いたら

 

 

一気に闇に呑み込まれそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も大丈夫って言い聞かせて。

 

 

 

 

 

いつでも気丈な振りをして。

 

 

 

 

この世界、全てを嫌いになってしまいそうで。

 

 

 

 

無力な自分が情けなくて歯がゆくて。



デリヘル本番より出会い系スグ会いたい掲示板が安く確実にSEXできる

中出し専門アダルトエロ動画 | 種付けプレス