温もりをはなしたくない

頼る事しか出来ない私には

 

疲れたなんて言う権利が

 

どこにもない気がして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、そーちゃんの優しい言葉に

 

頼りなく抑え込まれていた

 

今までの不安や痛みが

 

一気に溢れてきてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前は偉いよ。こんな状況で、自分だけが世界で一番不幸だなんて思わねえで、ちゃんと前向いてて。」

 

 

 

 

 

 

 

そう言いながら優しく抱き寄せてくれて

 

柔らかく背中を擦ってくれる。

 

 

 

 

 

 

 

「なぁ、欲しいものはねえか」

 

 

 

 

 

 

不安定なせいか

 

今までどうしても言えなかった単語が

 

涙を滲ませて喉から零れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「家族。……ヒック…うぅ……そーちゃ……家族が……欲しい」

 

 

「もう家族だろ。俺も浩介たちも」

 

 

「うっ……ありがと……」

 

 

 

 

 

 

 

 

そーちゃんのグレーのコートの肩口が私の涙で

 

どんどん黒くなっていくのに

 

この温りを放したくてどうしょうもなかった。
***

 

 

 

 

 

 

 

そーちゃんのマンションから車で2時間。

 

 

 

 

 

 

 

分厚い服をあんまり持っていない私に

 

そーちゃんの服を私にこんもりと着せて

 

持参したブルーシートの上に二人で座っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ねぇ、これ何?まさか、こんな夜中にピクニックとかじゃないよね?」

 

 

「後で分かる」

 

 

 

 

 

 

そう言いながら

 

車から持ってきた毛布を私に掛けてくれる。

 

 

 

 

 

 

でも、私の頭の中はクエッションマークがいっぱいで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いくら厚着をしてるからと言っても

 

あと数時間で日付が変わる

 

12月中旬の山の中は

 

凍てつくように寒い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛布でくるまれてた、和香さんが

 

持たせてくれた湯たんぽは

 

まだまだ温かくて

 

寒さを和らげてくれるけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして街頭もなく

 

新月で月明りもほとんどない今夜は

 

いつお化けが出て来てもおかしくなくて

 

ここには恐怖しかない。

 

 

 

そーちゃんは喧嘩は強いみたいだけど

 

それは生身の人間相手だけだろうし。

 

 

 

 

ここに来るのを知らなかったとはいえ

 

塩を持ってこなかった事を心底後悔している。

 

 

 

効果の程は分からないけど、ブルーシートの

 

四隅に盛り塩をしたくて堪らない。

 

雲もかかってない空には

 

たくさんの星が輝いててキレイだけど…。

 

 

 

 

 

 

 

たまに風でカサカサと音がするだけで

 

心臓が鷲掴みされたかと思うほどに恐怖を覚える。

 

 

 

 

 

 

 

 

「もしかしてさ、今から魔法陣みたいの書いてお化けを呼び出すとかしないよね?」

 

 

「コックリさんでもやりてえなら付き合ってやるけど」

 

 

 

 

 

ニヤリと意地悪そうに笑うそーちゃんに

 

恐怖しか沸いてこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いやいやいや!こっくりさんとか怖いし!そんなのやらなくていいから、もう帰らない?」

 

 

 

 

 

 

 

2時間のドライブでここまで来て

 

ブルーシート広げて座っただけで

 

帰るとかとんだ時間とガソリンの無駄遣いだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偽造とはいえ、入籍した日にお化けを呼び出すなんて

 

そんな記念はどこから考えてもいらない。

 

 

 

 

 

温かい部屋でみかん食べてた方が全然いいんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

「痛くねえか」

 

 

 

 

 

 

私の帰ろうという提案には、完全無視で

 

そーちゃんの手は私の耳に伸びた。

 

 

 

 

 

 

「ちょっとジンジンするけど痛くないよ」

 

 

 

 

 

路地裏で散々泣いた後

 

部屋に戻った私は

 

以前に買っていたピアッサーで

 

そーちゃんにピアスを両耳に開けてもらった。

 

そうか。着けたいって言ってたピアス……」

 

 

 

 

 

そーちゃんはその先の言葉を

 

言い淀んでるように見える。

 

 

 

 

 

「うん?」

 

 

「…誰にもらったんだ」

 

 

 

 

 

過去を忘れたい私なのに

 

過去にとらわれるようなピアスを

 

着けようとしている私を

 

心配してくれてるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

「……花梨。17歳の誕生日の朝にもらったの」

 

 

「そうか」

 

 

「花梨の事だけは忘れたくない」

 

 

 

 

 

 

花梨がいたから、私はあの家で孤独を感じる事はなかった。

 

 

 

誰からも愛されないなんて思う事もなかった。

 

 

 

いつでも花梨が私のためにいてくれたから。

 

 

 

嫌いだと何度も思ったけど、それ以上に大好きだから。

 

 

 

それでも、私は花梨を見捨てて自分の人生を取った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あぁ。でも覚えてる事でツラくなるくれえだったら、忘れるのも一つの選択っつーことは忘れるな」

 

 

「うん。ありがと」

 

 

「始まった。空見てみろ」

 

 

 

 

 

そーちゃんの言葉に導かれるように
夜空を見上げれば

 

 

 

 

 

 

 

「あっ、流れ星!!」

 

 

 

 

 

 

 

頭上で星が流れては燃え尽きて消えていく。

 

「ふたご座流星群」

 

 

 

 

ポツリと呟くそーちゃんが視界に入れながら

 

私はすでに頭上の星空に夢中になっている。

 

 

 

 

 

 

 

「あっ、あっちでも流れた!!すごい!!初めて見た!!」

 

 

 

 

 

そーちゃんの肩をパンパンと叩きながら、

 

さっきまでの恐怖なんて吹き飛んで

 

花梨の事でちょっとだけ落ち込んだことも忘れて

 

人生で初めて見る流れ星に興奮が一気に高まっていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「良かったな」

 

 

「うん!!ありがと、そーちゃん!!」

 

 

 

 

 

 

2分に一つくらい流れ星が流れて。

 

それは一瞬だったり、少し長めだったり。

 

 

 

 

 

 

想像してたものよりも幻想的で儚くて。

 

 

 

 

 

 

目の前で燃えて消えているのに

 

はるか昔に起きている事なんて

 

なんだか不思議な感覚になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前、泣くんだな」

 

 

 

 

ボソリ、横からそんな呟きのような声が聞こえた。