キス

どんどんどんどん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度となく部屋のドアを叩いても

 

そーちゃんが出てこない。

 

 

 

 

 

 

「おーい、そーちゃーん!!」

 

 

 

 

 

呼びかけても出てこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そっと寝室のドアを開ければ

 

目に飛び込んでくるのは

 

まだまだ熟睡しているそーちゃん。

 

 

 

 

 

 

昨日はいっぱい飲んでたもんね。

 

 

 

 

 

 

でもでも、でもね!!

 

 

 

 

 

私はこの感動と感謝をリアルタイムで

 

伝えたくて仕方がないのだよ!!

 

 

 

 

 

 

 

寝ているそーちゃんに足音も気にせずに

 

ベッドの横に膝を付き

 

肩を空いている片手で力いっぱいに揺らした。
「そーちゃん!!ありがとう!!!」

 

 

 

 

 

 

私の煩いくらいの声と揺さぶりで

 

眠そうにうっすらと瞳を開けたそーちゃんは

 

目の前にある私の顔をぼんやりと見て

 

私の頭を抱き寄せると

 

 

 

 

 

 

 

何故か…

 

 

 

 

 

 

何故か…

 

 

 

 

 

 

どうしてなのか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キスをした。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでだ!?

 

 

 

なんでこうなった!?

 

 

 

しかも、チュっとかそんな軽い感じのじゃなくて

 

普通に長い感じのヤツ。

 

 

 

 

 

 

舌が入るとかそんな大人なヤツじゃないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもこれはキスでしかない。

 

 

 

 

これがキスじゃなかったら

 

何がキスなんだって思うくらいに

 

ちゃんとした正統なキス。

 

 

 

 

 

 

 

 

唇と唇が合わさっているキス。
頭を押し返しても寝ぼけている

 

そーちゃんの力には敵わなくて。

 

 

 

 

 

 

どうしよう、どうしよう…と思っていると

 

そーちゃんの力が緩み、私は速攻頭を上げた。

 

 

 

 

 

 

顔が真っ赤に染まった私は

 

驚愕と羞恥で何も言葉は出てこない。

 

 

 

 

 

 

チラリ、とそーちゃんを見れば何だか寝ている。

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

寝ている?

 

 

 

 

 

 

 

嘘でしょう?

 

 

 

 

 

 

とりあえず、無かった事にしていいよね?

 

 

 

この状況だったら、無かった事にしてもばれないよね?

 

 

 

 

だって寝ているし?

 

 

 

 

 

 

そんな事を考えていれば

 

パチっと目を開けたそーちゃんが

 

突然上半身を起き上がらせて

 

 

 

 

 

 

「悪ぃ、俺なんかした?」

 

 

 

 

寝起きの掠れた声で心配そうに聞いてきた。
夢が半分、現実が半分って感じなんだろうか。

 

 

 

 

 

「してないしてない!!!そーちゃん何もしてない!!」

 

 

 

 

 

 

少しでも気を抜くと、そーちゃんの

 

見た目よりも柔らかい唇を思い出してしまう。

 

 

 

 

 

 

いや、もうすでに思い出している私って変態なの!?

 

 

 

 

 

 

顔を真っ赤にして何度も顔の前で手を振りながら

 

尋常じゃないほど早口な私は絶対に怪しいのに

 

きっと夢だと思い込みたいんだろうそーちゃんは

 

 

 

 

 

「そうか。ならいい」

 

 

 

 

 

苦笑いで複雑そうな表情を浮かべた。

 

 

 

 

 

「うん!!そう!!なんでもないから!!勝手に部屋入ってごめん!!また後で!!」

 

 

 

 

 

そう言って部屋から出ようと立ち上がると

 

クイっと手首を引っ張られた。

 

 

 

 

 

「用があったんじゃねえのか」

 

 

すっかりここに来た用事を忘れていた。

 

 

 

 

 

 

 

さっきまではあんなにそーちゃんと

 

話をしたくて堪らなかったのに。

 

 

 

 

 

 

 

「あっ、これどうもありがとう!!嬉しすぎてそーちゃん寝てるのに起こしてごめんね」

 

 

 

 

 

右手に握りしめていた、長方形の箱を

 

そーちゃんの顔の前に差し出した。